エアコン取り付けの工事費とは

エアコン取り付けでは工事費が気になる方は多いでしょう。どのくらいの工事費がかかるのか、工事費はどのような内訳になっているのかは、案外知らないものです。できれば安い費用で工事をしてもらいたいものでしょう。エアコン取り付けは業者に任せることになります。自分で取り付けることは難しいからです。その際には工事費に注目することが大切なのです。

こちらでは業者に工事を依頼する際に、工事費について知っておくべきことを教えましょう。できるだけ満足できる工事費で工事をしてもらうためのポイントを解説しています。エアコンを取り付けてもらいたいと考えている方はぜひとも参考にしてください。これまで工事をしてもらったことがない方にも分かりやすい情報を提供しましょう。

見積もりをもらい費用を確認する

業者まず、エアコン取り付けの工事費がどの程度かかるのかは業者に見積もりをしてもらうことによって分かります。業者ごとに工事費は異なっています。そのため、まずは気になる業者に対して見積もりをもらうことが大切でしょう。そうすることによって、具体的にどの程度のお金がかかるのかを知ることができるのです。

エアコン工事費は業者を選ぶ際に一番気になる点でしょう。見積もりをもらうだけならば無料でしてもらうことができます。そのため、たくさんの業者から見積もりをもらい、その結果を比較すると良いでしょう。そうすれば、どこが一番安い工事費で工事をしてくれるのかを調べることができます。ただし、工事費の安さだけを参考にして業者を選ぶべきではないでしょう。

標準工事の内容

業者に依頼をする際にはまず標準工事の内容について確認するべきでしょう。標準工事が基本となり、それについて見積もりをもらうことになるからです。工事を実際にしてもらう際には、標準工事の内容の工事を請けることとなり、それに加えて追加で工事が必要となるならば、そちらについても工事費がかかってしまうことになります。

それでは標準工事にはどのような内容が含まれているのでしょうか。これはたとえば冷媒配管であるならば4メートルが標準となっていることが多いでしょう。さらに室外機の足としてプラスチックブロックを用意してもらうことができます。配管類についてはテープ巻き上げ仕上げをしてもらうこともできるでしょう。このような内容が標準工事に含まれていることが多いです。

ただし、標準工事の内容がどのようなものなのかは業者によっても違います。そのため、見積もりをチェックする際には工事費の内訳に注目するべきでしょう。

追加費用がかかるケースがある

工事費については追加費用がかかってしまうこともあります。これは実際に業者が現場をチェックしたことによって、追加の工事が必要となることが分かるケースが多いからです。最初に見積もりを出してもらったときには想定できなかった環境となっていて、追加の工事が必要となる場合があるのです。この場合は工事の後に追加料金を支払うことになるでしょう。

たとえば化粧カバーを設置するというケースがあるでしょう。これによって外見をきれいに見せることができます。冷媒配管を延長しなければいけないというケースもあります。あるいは室外機を屋根置きにしたり、天井吊り下げにしたりするという場合もあります。これらについても追加の料金が発生してしまうのです。

追加料金の発生をできるだけ抑えたいならば、事前にしっかりと打ち合わせをしておくべきでしょう。そうすることによって、予定外の工事や費用が発生するのを防ぐことができます。事前に現場を見てもらったり、写真を送ったりするのです。そうすれば、本当に必要な工事内容を確かめてもらうことができるでしょう。説明のない工事が追加されるのを防ぐことができます。納得できる工事費で工事をしてもらいましょう。

快適に過ごすためのエアコン取り付けの場所や高さは?

日本の夏は、湿度も高く、ジメジメとしていて不快に感じることがあります。そこで、室内を快適に過ごすのになくてはならないのがエアコンです。エアコンは取り付けの位置を間違えると、冷房が効きにくかったりします。できるだけエアコンを効率よく稼働させ、快適な室内環境を作るためには、エアコンの設置場所がポイントとなります。また、初めてエアコンを取り付ける際、壁に穴を開ける必要があります。取り付け位置が失敗だったからといって、簡単に別の場所に穴を開けるわけにはいきませんので、エアコン取り付けの位置はとても重要です。室内を快適に過ごすためには、エアコン取り付けの位置はどうしたらよいのでしょうか。

エアコンを取り付けるのにベストな場所は?

エアコンエアコン取り付けの際、部屋のどの場所にエアコンを取り付けるのがいいのでしょうか。それは部屋の長手方向へ風が出るようにエアコンを取り付けると、部屋全体に風が届きやすくなります。また、エアコンは天井に近い場所に取り付ける必要がありますから、色々なモノが障害物となることもあります。また、外気の熱さや寒さは窓から侵入します。窓の近くを冷やしたり、温めたりするようにすれば効率よく空調ができますから、できるだけ窓にエアコンの風があたる位置を選ぶようにしましょう。一般的な家は、天井の高さが2.4ⅿほどで窓は、床から上端が2ⅿ程の位置に着くことが多いです。窓がある場所にエアコンを取り付けるとなると、40cmほどの隙間にエアコンを取り付けることになります。高さが30cmほどのエアコンが多いですから、窓の上などにカーテンレールなどがあると、さらにエアコンを取り付けるスペースが狭くなります。エアコンを購入する前に窓の上などの長さなど確認しておきましょう。

また、ソファやベッドの真上などは、人に直接エアコンの風が当たります。長時間エアコンの風にあたると不快ですし、体調を崩したりしますので、寝室などは注意が必要です。そして、エアコンの周りにはモノを置かないようにしましょう。エアコンは周りの空気を取り込み、取り込んだ空気を冷やしたり暖めたりすることで温度調整しています。エアコンの周りに物が多いと、電気効率も低下し、無駄な電力を消費してしまいます。エアコンのまわりには、5cmほどのスペースを空けておくのがよいでしょう。

エアコン取り付けの高さは低いとだめ?

エアコンの定期的な掃除をしていない人も多いのではないでしょうか。エアコンは、室内の空気を取り込み、エアコン内の「熱交換器」と呼ばれる部分で温度を調節して空気を排出し、室温を調整します。特に吸い込み口にあるフィルターが目詰まりしたりすると、多くの空気を吸い込もうとして余計な電力を消費することになり、通常より電気代も高くなります。こういったことから、フィルター掃除でホコリやゴミをこまめに取り除けば、効率的に空気を循環することができ、電気代の節約にもなります。

しかし、エアコン取り付けの位置が高いと、フィルターの掃除をしたいのに毎回椅子などに乗らないと手が届かなかったりと面倒になったりします。では、エアコン取り付け位置を低くしたらよいのでは?と思われるかもしれません。確かに位置が低いとエアコンの掃除がこまめにしやすくなり、効率よくエアコンを稼働させることができそうですが、エアコンのまわりに家具などの物が多いと障害物となり、エアコンの電気効率が悪くなります。そして、なによりも視界にエアコンが入ると部屋が狭く感じてしまうデメリットもありますので、エアコン取り付けの位置はなるべく高いほうがよいでしょう。

エアコンを取り付ける場所や高さは、室内を快適に過ごすためにとても重要になってきます。また、電気効率も大きく変わってきますので、無駄な消費電力を消費しないためにもエアコン取り付け場所や高さを考えてから、エアコンを取り付けすることをおすすめします。

エアコン取り付け工事までに準備すること

今や日本ではエアコン無しで夏を乗り切るなど考えられない感じの暑さになってきました。以前であればエアコンなしで生活できたような避暑地でも最近ではエアコンの冷房が必須アイテムになってきました。アパート住まいの方も多いですが、特にアパートの2階などは暑いとも言われています。それでワンルームのアパート住まいだとしてもやはりエアコンは必須アイテムとなっています。エアコンが元々きちんと付いているアパートもありますし、エアコン無しのアパートもあります。その際、前の部屋で使用していたエアコンを取り付ける場合もあるでしょう。そこでアパートでエアコン取り付けや交換をする場合にはどんなことが関係するか学んでおきましょう。

アパートのエアコン取り付けルールは様々

アパート基本的に言ってアパートのエアコン取り付けルールというのはその物件によってかなり違いがあります。ですから勝手に予想で工事してしまうのではなく、契約内容を確認することや、大家さんや管理会社に問合せをするなどしてルールを確認しましょう。そもそも今時エアコン皆無で暮らせなどということは有り得ませんが、部屋によっては、また取り付けたい場所によってはエアコン取り付け工事の許可が出ない可能性もあります。ですから自分が取り付けようとしてる部分が取り付け工事許可が下りるかを最初に確認する必要があります。

さらにその工事をして、退去時に修繕費用などが余分に必要なることはないかということも確認しておきましょう。さらにアパートでエアコンを取り付ける場合、その工事費用は自己負担になるのか、大家さん側の負担になるのかなども確認しましょう。

大家さんや管理会社が工事費用を負担する場合

アパートのエアコン取り付けに関して大家さんや管理会社が工事費用を負担してくれるケースとしては、賃貸借契約書の中で契約期間中の修繕という項目がきちんと入っている場合、さらに同じく契約書の中に設備の一つとしてエアコンが記載されている場合です。正し完全に居住者都合、居住者責任の交換や取り付けの場合は大家さんや管理会社に取り付け費用を負担してもらうことは難しいかもしれません。

特に気をつけなければいけないケースとしては部屋の壁に新たに穴を空けなければいけないような工事の時です。この種の工事はあらかじめ許可を求めておかなければ大きなトラブルに発展する可能性もあるので気をつけてください。アパート賃貸において当然の経年劣化に関しては原状回復義務は大家さん側にありますが、壁に穴を開けるなどの大きな、そして意図的なものに関しては居住者が退去の際に原状回復をさせなければいけなくなる可能性もあります。

エアコン取り付けを依頼する場合のポイント

エアコンの取り付けには部屋のサイズにあったものを設置する必要があります。これまで六畳部屋で使用していたエアコンを新しく越した八畳や十畳の部屋で使いたいといった場合、六畳用のエアコンを無理に取り付けてしまうと部屋全体を冷やそうとしてエアコンが過度に稼働してしまいます。このため電気代が余計にかかる可能性が高いです。さらに、サイズがあわないことで部屋が冷えにくくなるため、部屋のサイズにあったエアコンを取り付けるようにしましょう。

また、取り付けを頼む時にはブレーカーのアンペア数もチェックしておくことが大切です。エアコン設置には基本的に30A以上が必要なのですが、もしも不足していると契約変更やブレーカーの交換が必要になってきます。アパートなどではこうしたブレーカーのアンペア数や契約状況が問題になる場合もありますし、居住者がそのあたりの知識をもっていない場合も多いので、エアコン取り付けに際して確認するようにしましょう。

エアコンに使用するコンセントに関しても同様にチェックが必要です。コンセントも実は四種類のコンセントが存在していて、電圧や電流の違いがあります。間違ったコンセントから電源をとってしまうと発火や発煙の可能性もあるので、コンセントの確認も怠らないようにしましょう。そして室外機の設置スペースや配管穴のチェックもしておくようにしましょう。アパートでも快適なエアコン生活が送れます。

アパートのエアコン取り付けやサイズについて

今や日本ではエアコン無しで夏を乗り切るなど考えられない感じの暑さになってきました。以前であればエアコンなしで生活できたような避暑地でも最近ではエアコンの冷房が必須アイテムになってきました。アパート住まいの方も多いですが、特にアパートの2階などは暑いとも言われています。それでワンルームのアパート住まいだとしてもやはりエアコンは必須アイテムとなっています。エアコンが元々きちんと付いているアパートもありますし、エアコン無しのアパートもあります。その際、前の部屋で使用していたエアコンを取り付ける場合もあるでしょう。そこでアパートでエアコン取り付けや交換をする場合にはどんなことが関係するか学んでおきましょう。

アパートのエアコン取り付けルールは様々

電話基本的に言ってアパートのエアコン取り付けルールというのはその物件によってかなり違いがあります。ですから勝手に予想で工事してしまうのではなく、契約内容を確認することや、大家さんや管理会社に問合せをするなどしてルールを確認しましょう。そもそも今時エアコン皆無で暮らせなどということは有り得ませんが、部屋によっては、また取り付けたい場所によってはエアコン取り付け工事の許可が出ない可能性もあります。ですから自分が取り付けようとしてる部分が取り付け工事許可が下りるかを最初に確認する必要があります。

さらにその工事をして、退去時に修繕費用などが余分に必要なることはないかということも確認しておきましょう。さらにアパートでエアコンを取り付ける場合、その工事費用は自己負担になるのか、大家さん側の負担になるのかなども確認しましょう。

大家さんや管理会社が工事費用を負担する場合

アパートのエアコン取り付けに関して大家さんや管理会社が工事費用を負担してくれるケースとしては、賃貸借契約書の中で契約期間中の修繕という項目がきちんと入っている場合、さらに同じく契約書の中に設備の一つとしてエアコンが記載されている場合です。正し完全に居住者都合、居住者責任の交換や取り付けの場合は大家さんや管理会社に取り付け費用を負担してもらうことは難しいかもしれません。

特に気をつけなければいけないケースとしては部屋の壁に新たに穴を空けなければいけないような工事の時です。この種の工事はあらかじめ許可を求めておかなければ大きなトラブルに発展する可能性もあるので気をつけてください。アパート賃貸において当然の経年劣化に関しては原状回復義務は大家さん側にありますが、壁に穴を開けるなどの大きな、そして意図的なものに関しては居住者が退去の際に原状回復をさせなければいけなくなる可能性もあります。

エアコン取り付けを依頼する場合のポイント

エアコンの取り付けには部屋のサイズにあったものを設置する必要があります。これまで六畳部屋で使用していたエアコンを新しく越した八畳や十畳の部屋で使いたいといった場合、六畳用のエアコンを無理に取り付けてしまうと部屋全体を冷やそうとしてエアコンが過度に稼働してしまいます。このため電気代が余計にかかる可能性が高いです。さらに、サイズがあわないことで部屋が冷えにくくなるため、部屋のサイズにあったエアコンを取り付けるようにしましょう。

また、取り付けを頼む時にはブレーカーのアンペア数もチェックしておくことが大切です。エアコン設置には基本的に30A以上が必要なのですが、もしも不足していると契約変更やブレーカーの交換が必要になってきます。アパートなどではこうしたブレーカーのアンペア数や契約状況が問題になる場合もありますし、居住者がそのあたりの知識をもっていない場合も多いので、エアコン取り付けに際して確認するようにしましょう。

エアコンに使用するコンセントに関しても同様にチェックが必要です。コンセントも実は四種類のコンセントが存在していて、電圧や電流の違いがあります。間違ったコンセントから電源をとってしまうと発火や発煙の可能性もあるので、コンセントの確認も怠らないようにしましょう。そして室外機の設置スペースや配管穴のチェックもしておくようにしましょう。アパートでも快適なエアコン生活が送れます。