快適に過ごすためのエアコン取り付けの場所や高さは?

日本の夏は、湿度も高く、ジメジメとしていて不快に感じることがあります。そこで、室内を快適に過ごすのになくてはならないのがエアコンです。エアコンは取り付けの位置を間違えると、冷房が効きにくかったりします。できるだけエアコンを効率よく稼働させ、快適な室内環境を作るためには、エアコンの設置場所がポイントとなります。また、初めてエアコンを取り付ける際、壁に穴を開ける必要があります。取り付け位置が失敗だったからといって、簡単に別の場所に穴を開けるわけにはいきませんので、エアコン取り付けの位置はとても重要です。室内を快適に過ごすためには、エアコン取り付けの位置はどうしたらよいのでしょうか。

エアコンを取り付けるのにベストな場所は?

エアコンエアコン取り付けの際、部屋のどの場所にエアコンを取り付けるのがいいのでしょうか。それは部屋の長手方向へ風が出るようにエアコンを取り付けると、部屋全体に風が届きやすくなります。また、エアコンは天井に近い場所に取り付ける必要がありますから、色々なモノが障害物となることもあります。また、外気の熱さや寒さは窓から侵入します。窓の近くを冷やしたり、温めたりするようにすれば効率よく空調ができますから、できるだけ窓にエアコンの風があたる位置を選ぶようにしましょう。一般的な家は、天井の高さが2.4ⅿほどで窓は、床から上端が2ⅿ程の位置に着くことが多いです。窓がある場所にエアコンを取り付けるとなると、40cmほどの隙間にエアコンを取り付けることになります。高さが30cmほどのエアコンが多いですから、窓の上などにカーテンレールなどがあると、さらにエアコンを取り付けるスペースが狭くなります。エアコンを購入する前に窓の上などの長さなど確認しておきましょう。

また、ソファやベッドの真上などは、人に直接エアコンの風が当たります。長時間エアコンの風にあたると不快ですし、体調を崩したりしますので、寝室などは注意が必要です。そして、エアコンの周りにはモノを置かないようにしましょう。エアコンは周りの空気を取り込み、取り込んだ空気を冷やしたり暖めたりすることで温度調整しています。エアコンの周りに物が多いと、電気効率も低下し、無駄な電力を消費してしまいます。エアコンのまわりには、5cmほどのスペースを空けておくのがよいでしょう。

エアコン取り付けの高さは低いとだめ?

エアコンの定期的な掃除をしていない人も多いのではないでしょうか。エアコンは、室内の空気を取り込み、エアコン内の「熱交換器」と呼ばれる部分で温度を調節して空気を排出し、室温を調整します。特に吸い込み口にあるフィルターが目詰まりしたりすると、多くの空気を吸い込もうとして余計な電力を消費することになり、通常より電気代も高くなります。こういったことから、フィルター掃除でホコリやゴミをこまめに取り除けば、効率的に空気を循環することができ、電気代の節約にもなります。

しかし、エアコン取り付けの位置が高いと、フィルターの掃除をしたいのに毎回椅子などに乗らないと手が届かなかったりと面倒になったりします。では、エアコン取り付け位置を低くしたらよいのでは?と思われるかもしれません。確かに位置が低いとエアコンの掃除がこまめにしやすくなり、効率よくエアコンを稼働させることができそうですが、エアコンのまわりに家具などの物が多いと障害物となり、エアコンの電気効率が悪くなります。そして、なによりも視界にエアコンが入ると部屋が狭く感じてしまうデメリットもありますので、エアコン取り付けの位置はなるべく高いほうがよいでしょう。

エアコンを取り付ける場所や高さは、室内を快適に過ごすためにとても重要になってきます。また、電気効率も大きく変わってきますので、無駄な消費電力を消費しないためにもエアコン取り付け場所や高さを考えてから、エアコンを取り付けすることをおすすめします。

Pocket