アパートのエアコン取り付けやサイズについて

今や日本ではエアコン無しで夏を乗り切るなど考えられない感じの暑さになってきました。以前であればエアコンなしで生活できたような避暑地でも最近ではエアコンの冷房が必須アイテムになってきました。アパート住まいの方も多いですが、特にアパートの2階などは暑いとも言われています。それでワンルームのアパート住まいだとしてもやはりエアコンは必須アイテムとなっています。エアコンが元々きちんと付いているアパートもありますし、エアコン無しのアパートもあります。その際、前の部屋で使用していたエアコンを取り付ける場合もあるでしょう。そこでアパートでエアコン取り付けや交換をする場合にはどんなことが関係するか学んでおきましょう。

アパートのエアコン取り付けルールは様々

電話基本的に言ってアパートのエアコン取り付けルールというのはその物件によってかなり違いがあります。ですから勝手に予想で工事してしまうのではなく、契約内容を確認することや、大家さんや管理会社に問合せをするなどしてルールを確認しましょう。そもそも今時エアコン皆無で暮らせなどということは有り得ませんが、部屋によっては、また取り付けたい場所によってはエアコン取り付け工事の許可が出ない可能性もあります。ですから自分が取り付けようとしてる部分が取り付け工事許可が下りるかを最初に確認する必要があります。

さらにその工事をして、退去時に修繕費用などが余分に必要なることはないかということも確認しておきましょう。さらにアパートでエアコンを取り付ける場合、その工事費用は自己負担になるのか、大家さん側の負担になるのかなども確認しましょう。

大家さんや管理会社が工事費用を負担する場合

アパートのエアコン取り付けに関して大家さんや管理会社が工事費用を負担してくれるケースとしては、賃貸借契約書の中で契約期間中の修繕という項目がきちんと入っている場合、さらに同じく契約書の中に設備の一つとしてエアコンが記載されている場合です。正し完全に居住者都合、居住者責任の交換や取り付けの場合は大家さんや管理会社に取り付け費用を負担してもらうことは難しいかもしれません。

特に気をつけなければいけないケースとしては部屋の壁に新たに穴を空けなければいけないような工事の時です。この種の工事はあらかじめ許可を求めておかなければ大きなトラブルに発展する可能性もあるので気をつけてください。アパート賃貸において当然の経年劣化に関しては原状回復義務は大家さん側にありますが、壁に穴を開けるなどの大きな、そして意図的なものに関しては居住者が退去の際に原状回復をさせなければいけなくなる可能性もあります。

エアコン取り付けを依頼する場合のポイント

エアコンの取り付けには部屋のサイズにあったものを設置する必要があります。これまで六畳部屋で使用していたエアコンを新しく越した八畳や十畳の部屋で使いたいといった場合、六畳用のエアコンを無理に取り付けてしまうと部屋全体を冷やそうとしてエアコンが過度に稼働してしまいます。このため電気代が余計にかかる可能性が高いです。さらに、サイズがあわないことで部屋が冷えにくくなるため、部屋のサイズにあったエアコンを取り付けるようにしましょう。

また、取り付けを頼む時にはブレーカーのアンペア数もチェックしておくことが大切です。エアコン設置には基本的に30A以上が必要なのですが、もしも不足していると契約変更やブレーカーの交換が必要になってきます。アパートなどではこうしたブレーカーのアンペア数や契約状況が問題になる場合もありますし、居住者がそのあたりの知識をもっていない場合も多いので、エアコン取り付けに際して確認するようにしましょう。

エアコンに使用するコンセントに関しても同様にチェックが必要です。コンセントも実は四種類のコンセントが存在していて、電圧や電流の違いがあります。間違ったコンセントから電源をとってしまうと発火や発煙の可能性もあるので、コンセントの確認も怠らないようにしましょう。そして室外機の設置スペースや配管穴のチェックもしておくようにしましょう。アパートでも快適なエアコン生活が送れます。

Pocket